FF14新生エオルゼア エオルゼア三重苦から開放された神ゲーフロントライン ばらうる。
FC2ブログ

ばらうる。

全米が泣いた、薔薇色うるち日記(´ー`)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

FF14新生エオルゼア エオルゼア三重苦から開放された神ゲーフロントライン

ffxiv_20140717_031834.jpg


樽の中からこんにちは、どうも米です。
パッチ2.3、楽しんでますでしょうか。私はと言えば今までのアップデートに無いくらい熱中してしまい、肩凝りと腱鞘炎で右腕が湿布だらけのここ数日であります(ヽ´ω`)



WS04444.jpg

まずはやっぱり蛮神ラムウ戦!
ナイト・モンク・白で経験してみまして、ギミック自体はさほど難しいものでは無いのですが玉の出現位置が恐らくランダムのために、運が悪いと失敗、ということになり兼ねないのが惜しいところです。





ffxiv_20140720_104930.jpg

事件屋・配達士などのサブクエスト!
フロントラインのシャキ待ちにちょくちょく進めてる程度でしたが、事件屋は前回のを楽しめた方なら今回もものすごく面白いものになっていると思います。普通に笑える出来でしたw
何気に自キャラのアップも多く、今やってるミラプリコンテストに使えそうなシーンも。脇ぺろぺろ(^ω^)




ffxiv_20140718_001654.jpg

お次はモブハント!
MMOのくせに全く活用されないフィールドをなんとか活かそうとした結果でしょう。しかしMovingOBjectのMOB(モブ)をそのまま持ってきてコンテンツにしてしまうとは、ミラージュプリズム、のようなスクエニ特有の名前も付けられないほど切羽詰まっているということでしょうかw 結局アイテムサルベージもそのままただのアイテム分解となりましたし。いずれレリック+1がゼニスとなったように変わるといいですが。技術屋ばかりでセンスのある人材がいないってことなのかなーと勘ぐってしまいます。

大分話が逸れましたがこのモブハント、LSに入ってないともはや絶望的。バハに比べ簡単に砂・油やアレキがゲット出来るため皆が皆こぞって参加するので、A、Bランクなんて即死です。LSに入ってもPS3奴だからだの情報提供のないメンバーは蹴られるだのと些か穏やかではないので遠慮している次第です。確かにフィールドは人が忙しなく動きまわり賑やかになったなあと思います。FATEボスに群がってたあの頃をSランクMOBで再体験できるのは楽しいですね。まぁでも私は、βテスト以来のおっきくなったぬぬぬういに会えただけでもう満足ですw






ffxiv_20140711_191148.jpg

そして今私の中でメインコンテンツと化しているのがこのフロントライン!
実装初期はCFで1人でも参加辞退をするとその他71人が割を食らうというシャキおじ大歓喜な仕様でしたが今ではそれも改善され快適に参加することが出来るようになっております。






ffxiv_20140720_010142.jpg
敵二国家が無益な争いをしているうちに着々と準備を進めているの図w


50対50のTPS戦争ゲームの糞ゲ・・・もといFEZをもう6年以上楽しんでいる身としては、FF14の数あるコンテンツの中でほんといっちばんハマることができるコンテンツだと思います。もうこれをメインに据えて大型アップデートを進めてほしいくらい。それほど、エオルゼアの今までのコンテンツは三重苦に苛まれてました。



蛮神戦・新ID・サブクエ追加など大型アップデートのテンプレと化してきたコンテンツ追加ですが、その中でも特に異彩を放っているのが「フロントライン」。エオルゼア三重苦と勝手に思っている、「戦闘のテンプレ化」「日・週等の各種制限」「成果主義」が全て取り払われ、フロントラインは定石はあれど毎回違った内容であり、制限も無く、クリア・勝利しなければ報酬を得られるチャンスさえ貰えないエンドコンテンツと異なり勝敗の結果に関わらず一定以上の各ポイントが貰えるフロントラインは、束縛ばかりのFF14をやってきて、真に「楽しいコンテンツ」であると実感させられた気がします。



現在PvPランクは28。戦争数は110前後だったかな?ランクはここから上がりづらくなりアニマル装備が着れるランク38まではまだまだ遠いですが、意識しなければ100戦200戦なんてあっちゅーまだと思います。一応全職使って参加してますので、いずれは「ぼくがかんがえたさいきょうのたちまわり」でも記事にできればなと考えております。最近は専らブログよりエオルゼアでしたしねw


これからどんどん追加マップ、追加ルールなども増やしていってほしいところです!
それでは良いエオルゼアライフを!|д゚)ノシ


| FFXIV新生エオルゼア | | comments:0 | trackbacks:0 |


COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://uruchi.jp/tb.php/636-40a32882

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT