FF14暁月のフィナーレ 30分で100万ギル!?ピクミンで稼げるモブハント金策のススメ! ばらうる。
FC2ブログ

ばらうる。

全米が泣いた、薔薇色うるち日記(´ー`)

NEW | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

FF14暁月のフィナーレ 30分で100万ギル!?ピクミンで稼げるモブハント金策のススメ!

WS6361_20211224121132ad6.jpg



やばない?😲



WS6309.jpg

どうも米です。
今一番アツいのはやはりモブハン金策でしょう!100人から200人、ゴールデンタイムの多い時には400人とかのレベルの人数でフィールドの敵を狩っていくのはMMOの醍醐味!😊

モブハン自体はだいぶ昔からあったんですが僕は今まで参加してこなかったんですよね。でも暁月のレイドはちょっと頑張ってみようかなということで、モブハン初心者の僕が実際にモブハンツアーに参加し体験してきましたので、初心者からプロピクミンになれるまでの道のりを紹介したいと思います!ちなみにモブハン界隈は闇が深いそうなので、深淵を覗きたくなければピクミンに徹することをオススメしますw



①準備 編


WS6316a.jpg

タンクorヒラをLv90にしましょう!

モブハンは「貢献度」によって報酬が決まるため、ヘイトで貢献を稼ぎやすくモブのAoE攻撃を食らっても一発では倒れづらいタンクが好まれています。ヒラはヒールヘイトはもちろん、PTの誰かが倒れた時用の蘇生役として活躍できます。赤魔もいると安心ですね!
レイドのように火力を出すことが目的ではないので、ガンブレならひたすらサンダーバレット(敵視アップ遠距離攻撃)を撃つだけでOK!逆にそのほうが遅れてくる人も攻撃に参加しやすくなるというものです。ゆうて8人もいればよっぽどでない限り満額報酬を貰えますので、タンクが推奨ではありますがDPSもちらほら見かけますのでDPSでも問題はないかと思います。

準備するのはそれだけ!




②情報収集 編


WS6343.jpg

参加するにあたり、まずツアーが開催されている情報が必要です。最近は中国人やら人数過多やらで結構閉鎖的になっているようなので自分から情報収集にいくことが大事。単発募集もちょくちょく見かけますが基本は○連戦のツアーほうが効率が良いでしょう。その開催情報を得るには、


①モブハンLSやDiscordに入る
②PT検索で通知をONにする
③プレイヤーサーチしてツアーの主催者を監視
④よくモブハンに参加している配信者を監視
Faloop!を監視してツアーが発生しそうな時間と鯖を予想しておく



WS6365a.jpg

①についてはロドストやTwitter等での募集や、実際のモブハン中にLS下さいみたいに言うと貰えたりするらしいですが、情報が欲しいだけの人ばかりが集まると機能しなくなるのでアクティブな人が望まれているようです。プロピクミンたる僕は迷惑かけそうなので入ってませんw

②についてはPT募集ウィンドウ右上の歯車と虫眼鏡マークを押して設定し、○分おきにチャットに通知するようにするとモブハンが開かれたかどうかの情報が分かります。ログインのたびに設定する必要があったり、基本的にワールド内限定PTで募集が立てられるので今いるサーバーのモブハン情報しか分からなかったりするのは欠点ではありますが、ゲーム内で個人でもモブハン開催を把握できる唯一の手段ではありますね。

③と④は似たような内容ですが、基本的にモブハンツアーを主催してくれる方は決まっていますのでまず名前を覚えてしまうのが良いでしょう、そしてプレイヤーサーチでログインしているか、PTを組んでいるか等を監視w 配信者についてもモブハンに積極的に参加し配信している人がいたりするのでその人から情報を得ることができますね。

⑤Sモブ、Aモブのおおよそのリポップ時間が分かるのでそれでツアー開催の予想が個人の視点からも分かってくると思います。ただし討伐時間等はユーザーによる報告で成り立っているので管理されてない鯖も多いです。




③実際に参加 編


WS6335.jpg

で、今いるサーバーでモブハンツアーが開催されることが分かり、実際にPT募集からPTに入ってPTメンバーの場所を見てマップを割り出し人が集まってるインスに移動したあとの流れですが、基本的に主催者のチャットに完全服従するのがプロピクミンへの第一歩ですw

といっても主催者がマップと座標とインスタンス番号をチャットしてくれるのでそれをクリックするとマップに座標が表示されるのでついていき、倒すというだけ。もうちょい細かな流れとしては、例えばサベネア島インス1のAモブを倒す→同インスのもう一匹のAモブを倒す→インス2に移動してAモブを同上→インス3に移動して同上→別マップのラヴィリンソスのインス1の・・・みたいな流れ。ね、簡単でしょ?😎


とまあ、その中にいくつか初心者が置いていかれやすい壁があるのでそれをいくつか。





WS6335_20211224130858ced.jpg

まずモブを狩ったあとのインスタンス移動はほぼ確実に詰まりますw 大人数が一斉に移動すると移動制限がかけられるようで、それから段階的に開放され移動ができるようになります。連打すれば入りやすいというわけではなく、一切の移動が一定時間のあいだ制限されたあとに一気に開放されまた制限、という感じ。なのでその開放の瞬間を見逃さないことが大事。目安としては、周りの人やミニオンが一気に消える音がしたら移動ボタンを押す、とやるとうまくいきやすいですね。




WS6368.jpg
WS6337.jpg

主催者次第ですが、その移動制限を加味して戦闘開始の時間を遅らせてくれる方もいるので遅れても焦らず移動することが大事。戦闘自体も一撃加えれば報酬は貰えますからね。



WS6364.jpg

もちろん主催者の中には「この戦いについてこれないやつは置いていく😎」みたいなスピーディな方もいたり、中にはそれに怒る人もいて様々ですw 合う合わないはあると思うので、それ含めて名前で覚えておくと良いですね😐 でもプロピクミンとしては主催してくれるだけで有り難いものなんだからそれにキレるだなんてとてもとても😌



WS6370.jpg

マウスキーボードでプレイしていて、人が多すぎてエーテライトをクリックしづらい場合は「キーバインド>システム>決定操作」に好きなキーを割り振ると楽になります。エーテライトを始めとして近くのオブジェクトをターゲットし、もう一回押せばアクセスしてくれるので、蛮族デイリークエの報告など色んなことが連打するだけでよくなったりしますのでオススメ。
他にもデフォルト設定だとNUM0~9(テンキー)あたりがカーソル移動に対応してますので、マウスでGUIをいちいち狙ってクリックよりかは複数のボタンを既定の順に押すだけで済む方法のが素早くインス移動できるようになること請け合いです。




WS6361_202112241539163c5.jpg

だいたいはそんな流れに乗ってピクミンしてるだけで終わりますが更に細かいことなど。

モブを狩ったあとにインス移動するためにはエーテライトに戻る必要がありますよね、そこで瞬時に戻って移動できれば移動に詰まることもありません。そのためPT内でテレポ勧誘を掛け合うことが好まれています。インス移動したあとは主催者もすぐには座標を出さないのでその間にテレポ勧誘しておくと喜ばれます。自分がインス移動に劇的に出遅れてしまった場合は仕方ないですがw
流れとしては、インス1へ移動しテレポ勧誘しモブを狩る→インス2へ移動し同上→インス3へいったら次は別マップへの移動なので勧誘は特に不要、というイメージ。

それに関連して、詰まりに詰まっていつまで経っても移動できなかった場合は既に狩り終わってしまったことも考えて次のインスに移動しておくのも手です。PTメンバーが良い人であれば狩り終わったことを知らせてくれたり「次インス○」とPTチャットしてくれるので集団とすれ違いで入ってしまわないよう気をつけるとともに、自分も気遣いのできる「良い人」になれればプロピクミンの中でも一流であると言えるでしょう!

そして最後にひとつ気をつけたいのが、モブハンを始め出すと終わりが見つからないことがままあるので時には自制も大事ということ。DC内の約10サーバーの、暁月6マップ3インスにAモブは4~6時間単位でのリポップ、つまりひっきりなしに沸くので情報源さえ確保してしまえば次々にAモブを狩れることになる一方で止め時が分からなくなってしまうことが多々あります。参加しないことを機会損失だと思わず、好きな時に参加するよう健康的にFF14を楽しみましょうということです!😷





WS6369.jpg

そうして「ついていく」ピクミンを極めればものの30分で100万ギルも夢じゃない!でも全身ガチ禁断するなら確率的にアルテマ100個オメガ500個↑は最低必要らしい・・・メガでええか?🥺


クラスター2種が出るかは運次第ですが、それ以外にも「モブハントの戦利品」でマテリジャを交換することもできるし、経典トークンを貯めておけば実装直後の経典素材で稼ぐことも可能!しかし欲を出して深淵に首を突っ込んだら最後、深淵もまたこちらを見ているのだ・・・になりかねないので、やはりモブハンで重要なのは個を出さずピクミンという兵隊に徹すること、ですね!

・・・いやでも、吉田?個を失った宇宙の星々はみんな絶望して全滅していったのでは・・・?おいィ?これでいいのか吉田~~!!
それでは良いエオルゼアライフを!|д゚)ノシ




| FFXIV | | comments:0 | trackbacks:0 |


COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://uruchi.jp/tb.php/1544-46c8f8ae

TRACKBACK

NEW | PAGE-SELECT | PREV